めざせ★ほっこりホーム

家づくりを含めた、暮らしの備忘録。

【妊活】自分に優しくなるためのヒント

スポンサーリンク

今日はすごい風でした。

畑の野菜たちはぶわんぶわんと左右に揺れていました。

 

生理痛のなんとなく体調不良に悩んできた。

本年より妊活をしようと婦人体温計で計測しています。

ルナルナというアプリで管理していますがさまざまな情報が載っています。

例えば、「女性ホルモンのバランスで眠くなるから無理しないで。」とか「イライラしやすいからのんびり過ごして。」とか、そのときの女性ホルモンの周期に合わせてお知らせしてくれます。

個人的にこの情報がとても参考になりました。もっと早く知りたかった!

 

それまで、なんとなく眠いとか甘いものが食べたいとか、元気が出ないとか、仕事を休むほどではないが身体が不調とか、これらが女性ホルモンによるものだろうとは思っていましたが、そういう体調になりやすい時期があることを知りませんでした。

ずっと、なんとなく、たまたま、定期的にそういうタイミングがあるものだとばかり思っていました。

 

卵胞期・黄体期・月経期

基本、女性の身体はこの3つの周期が順番に巡り、その周期でそれぞれ違った症状が現れます。個人差があるのでアプリにメモを残していくと自分の症状のパターンが見えてきます。

月経期ぐらいは知っていましたが卵胞期と黄体期は知りませんでした。学校で習ったのかもしれませんが全く記憶にない。

アプリでは卵胞期をキラキラ期、黄体期をもやもや期、月経期をブルー期と表現されています。

その呼び方通り、キラキラ期は体調やお肌の調子が良く積極的になれる時期。

もやもや期はイライラ、ダイエットで痩せにくい、甘いものが欲しいなどいわゆる月経前症候群PMS)が現れる時期。

ブルー期は月経中で腹痛や腰痛などの生理痛があります。

卵胞期とは生理が終わってから1週間程度を指すのですが、エストロゲン(卵胞ホルモン)というホルモンが分泌されます。体温は低体温期。

黄体期とは排卵が終わってから、次の生理までの2週間程度のことで、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されているもやもや期。体温は高体温期。

自分が今、どの周期でどういった症状が出るときなのか分かれば事前に対応や心づもりができます。

ほんと、もっと早く知りたかった!

 

今まで自分責めをしていたけど、優しく出来るようになった。

なんとくやる気が出ない、マイナス思考やイライラから人に当たってしまうことがありました。

特に家事や仕事をする気にならないというのはもやもや期に現れる症状。

それまで「自分は怠惰だ」とか「怠けている」とか自分で思っていました。そして周りから「あいつは怠けている」と思われないようにと自分に鞭打って、しんどいときも無理をしていたと思います。

でも、この症状がPMSだとわかると、「今はそういう時期。」とわりきって、夕飯をお惣菜に頼ったり、お昼寝をしたり、甘いもの摂取したり、仕事をお休みしたり、自分に優しく、のんびりと過ごしています。

同じくPMSで相手にイライラを募らせたり、怒ったり、責めたり、そういう自分が嫌でした。よく爆発させていました(笑)

けれど「もやもや期だからそういう風な考え方をする。」と思えると、気分転換や息抜きを積極的にしています。

旦那さんに黙って高級アイスを食べたり、好きなものを買ったり、ご褒美ご褒美♪(なんのww)と自分を甘やかすと、相手を巻き込まずに済みます(笑)

 

もし10代や20代の自分に会えるなら。

基礎体温と女性ホルモンの周期を知り、些細な体調と気持ちの変化を書き留めよ。」と言いたい。

そうしたら、もっと自分に優しく、体調の変化と上手に付き合えると言いたいですね。

 

本日もお読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 岡山県情報へ
にほんブログ村